長期インターンシップ経験者に聞きました「インターンシップの選考ってどうなっているの?」<応募・選考編>

2018/02/07
インタビュー

大学1,2年生からインターンシップを経験している大学生3名による座談会の模様を3本立てでお届けしているこの企画。前編の【動機編】に続き、気になる選考について、聞いてみました!

<プロフィール>

池田 達哉さん(いけだ・たつや)
学習院大学法学部政治学科3年。大学3年生の4月からITベンチャー企業でインターンシップを継続中。エンジニアとして新規サービス開発や機能改善業務を担当。これまで8社を経験。

中尾 友莉恵さん(なかお・ゆりえ)
国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科2年。大学2年生の4月からイベントプロデュース企業でインターンシップを継続中。イベント準備業務の全般にかかわる。

三浦 大輝さん(みうら・だいき)
明治大学政治経済学部経済学科3年。大学1年生の1月から人材業界でインターンシップを継続中。サービス認知拡大のための広報企画を担当している。これまで5社を経験。

会社説明会のつもりで行ったら、面接だった!?

中尾さん

今の会社への応募のフローや、選考内容を教えてください。

中尾:
最初のコンタクトは、インターンシップ情報の専門サイト経由でしたが、その後のやりとりはメールでした。1年生のときにどういう活動をしていたのか、インターンシップを通じてやりたいことは何かなど、大まかにメールで意思を伝えていたところ「一度会社に遊びに来ませんか」とラフな感じで連絡が。オフィスを見てみたくて訪れると、それが企業訪問兼面接でした(笑)。今思えば、メールで伝えた内容がエントリーシートの役割になっていたのかもしれません。その“面接”後、翌月から働くことが決まりました。

池田:
僕も似ていますね。今のインターン先は、社長が現役大学生だということもあり、もともと知り合いだったんです。「どんなオフィスなのかな」と遊びに行ったときに「うちで働かない? いつから来る?」と話が急に展開(笑)。思いがけないオファーでしたが、自社サービスの開発にチャレンジできそうなところ、働いている社員の様子やオフィス内の明るい雰囲気を見て、働いてみたい、と思いました。

三浦:
選考スタイルは企業によって全然違いますよね。今のインターン先は大手企業ということもあり、ホームページから応募してエントリーシートを提出する、就活と同じような「選考フロー」がありました。ただ、会社説明会だと思って会社に行ったら実際は面接でした(笑)。

中尾:
どこも「面接」は突然始まるということですね(笑)。

やるかやらないか、判断は自分に委ねられている

三浦くん

面接ではどんなことを聞かれましたか?

三浦:
エントリーシートに書いた内容をもとに、志望動機と、1年生のときにやってきたことを聞かれました。一つの答えに対して「どうしてそう思ったの?」「どうしてそういう行動をとったの?」とどんどん深掘りされて、答えていきながら考えが整理されていく感じがしました。印象に残っているのは「最近わくわくしたことは何?」という質問。思いがけない質問に答えるだけでも学びがあって、経験としても貴重でしたね。

中尾:
私は、会社で何がやりたいのか、どんなことを学びたいのかを重点的に聞かれました。フォトショップやイラストレーターを使ったデザインのスキルがあったので、それを生かして動画編集に挑戦してみたいという話をしたら、「動画のことは教えるので働きに来ないか」と。「企業が人材を選考する」という感じは一切なく、やるかやらないかこちらに委ねられているなと感じました。

池田:
それはわかります。僕は、これからどんな人になりたいのかといったキャリア像や、どういうプロダクトが好きかという嗜好性を聞かれましたね。「じゃあ、当社でこんなサービス開発に携わりませんか」と提案され、企業にとっても僕にとってもWin-Winとなるやり方を探っていく感じが好印象でした。

中尾:
選考のために準備して挑む、といった大掛かりなものではなく、あくまでも「会社を見においで」というスタンスだったので、自分の目で見て違うなと思ったら断ればいいかなと思っていました。実際に行ってみると、「事業内容は好きだけど、雰囲気が硬い感じだな」とか「社員間のコミュニケーションが多そうだから、周りからたくさん学べそうだな」とか感じることがたくさんありますよね。何が好印象だったか、何に違和感を抱いたかを整理するだけでも価値があると思いました。

池田:
わかります。企業にコンタクトを取ったら絶対に断っちゃいけないって、ハードルを高めてしまうのはもったいない。会社ってどういうことをやっているんだろうという社会見学気分で動いてみるのが、ファーストステップだと思います。

座談会の様子

* * *座談会はまだまだつづく… * * *

「どうしてインターンをやろうと思ったのか」は聞かれるケースが多いようですね。ただ、選考というと構えるのではなく、3人とも「会社を見に行く」というスタンスだったとのこと。会話しながら会社の雰囲気をつかむ機会となったようです。さて、3本立てでお届けしている座談会インタビュー最終回は、「参加編」。実際に参加してみて初日はどうだった?そして経験者だからこその1,2年生へのアドバイスもありますよ!

【参加編】はこちら
コラム一覧に戻る

人気アルバイト TOP10

その他の条件から探す

リクナビCのアルバイトは、自分の「強み」にいち早く気付けます

「社会に出て働く」という意味では、「自己理解」「仕事理解」の機会としてアルバイトは将来役に立つ体験です。
リクナビCのアルバイトは、一緒に働く社会人から、将来働く上で活かせるあなたの強みについてアドバイスがもらえるのが特徴。
アルバイトを、もっと「将来に役立つ」体験になるようサポートします。

  • 人気の接客や販売
    のお仕事多数
  • 無理なく両立できる
  • あなたの強みがわかる