先輩たちに聞きました。高校時代と大学生の今、どちらが楽しい?

2017/11/06
学生生活

高校時代と大学生の今、どちらが楽しいですか?

アンケート結果

大学2年生~大学院2年生に、高校時代と大学生の今、どちらが楽しいかを尋ねたところ、一番多かった答えが「大学生・大学院生の今」となり、半数近くに上った。続いて、約4人に1人は「どちらも同じくらい楽しい(楽しかった)」と答え、総じて、大学生活を楽しいと感じている学生が多いことがわかった。

属性別に見ると、女子学生よりも男子学生、学部生よりも大学院生の方が「大学生・大学院生の今」と答える割合が高く、特に大学院生は「大学生・大学院生の今」と答えた割合が55.1%に上った。

どんなところが楽しい?/楽しかった?~リアルボイス編~

  • 学びたい科目を中心に授業を受けることができる上、遊びやバイトなどに使える自由な時間があるから、大学に入ってからの方が楽しい。(文系学部4年・女子学生)
  • 大学生活の方がラク。決められたクラスで過ごす必要がなく、気の合う友人とだけ行動できるから。集団行動をしなくていいのは助かる。(経営学部4年・女子学生)
  • いろいろな地方から異なる文化の中で育った学生が集まり、お互いの考え方の違いを学べるのが大学の楽しみだと思う。(大学院理工学研究科2年・男子学生)
  • 校則が厳しい中、もがいていた高校生時代の方が、必死に生きていた気がします。大学生になっていざ自由を手に入れてしまうと、なんだか気が抜けてしまって…。(現代教養学部4年・女子学生)
  • 高校時代、大学生活、どちらともそれぞれ楽しさがある。高校時代は、席替えでワクワクしたり、恋をしたり部活に打ち込んだりと、非常に充実していて楽しかった。大学生の今は、どんなに勉強が難しくても自分が学びたい学問だと思えば楽しいし、空きコマがあれば自由に時間を使うことができるし、友達の家で騒いだり、飲み会をしたりして、高校時代には味わえなかった楽しみがある。(人間科学部3年・女子学生)
  • 高校生活の方が楽しかった。男子校だったので女性に気をつかう必要がなかったし、体育祭が異様に盛り上がったし…。(リハビリテーション学部4年・男子学生)
  • 大学は、周りの仲間たちの考え方が大人なので、人間関係に気をつかう必要がなくなりました。自由な時間が多い点でも楽しいです。(経済学部2年・女子学生)
  • 20歳を過ぎてからお酒が飲めるようになったので、飲み会が多い大学生活の方が俄然(がぜん)楽しくなった。(大学院工学研究科2年・男子学生)
  • 大学の方が楽しい。高校時代は、クラスメートに気をつかわなければならなかったり、ひとりでいるとばかにされたりしたが、大学ではクラスがないから、ひとりでいても特に目立たず、自由気ままに過ごせる。(文学部4年・女子学生)
  • 集団で行動する楽しさが高校生活にはある。大学生活では、時間の使い方は自分次第だし、ちょっぴり背伸びして大人として楽しめる側面がある。どちらも良いと思う。(工学部4年・男子学生)
  • 大学の方が勉強が面白い。自分の専攻科目をとことん突き詰められる。また、周囲にその分野に精通した人が多く、刺激が多い点でも魅力がある。(大学院農学研究科1年・女子学生)
  • サークルつながりで彼氏ができたから、大学生活の方がハッピーかな?(言語コミュニケーション学部3年・女子学生)
[調査概要]

調査期間:2016年1月30日~1月31日
調査サンプル:大学4年生・大学院2年生546人
調査協力:株式会社クロス・マーケティング

出典:就職ジャーナル(2016/02/25掲載記事)

コラム一覧に戻る

人気アルバイト TOP10

その他の条件から探す

リクナビCのアルバイトは、自分の「強み」にいち早く気付けます

「社会に出て働く」という意味では、「自己理解」「仕事理解」の機会としてアルバイトは将来役に立つ体験です。
リクナビCのアルバイトは、一緒に働く社会人から、将来働く上で活かせるあなたの強みについてアドバイスがもらえるのが特徴。
アルバイトを、もっと「将来に役立つ」体験になるようサポートします。

  • 人気の接客や販売
    のお仕事多数
  • 無理なく両立できる
  • あなたの強みがわかる