フェイスブック ジャパン(株)のオフィスに潜入!あの企業の現場 <オフィス訪問編>

2018/01/26
インタビュー

リクナビC編集部でインターンをしている大学3年生のMです。この企画は、事前に皆さんからアンケートで集まった質問を、学生である私が代表して企業に訪問し、直撃する企画

第一弾として、フェイスブック ジャパン株式会社さんのオフィスにお邪魔してきました!当日の様子を、「オフィス訪問編」と「インタビュー編」の2回に分けてお届けします!

Instagramを傘下にもつFacebookの日本のオフィスってどんなところ?

フェイスブック ジャパン ポスター

フェイスブック ジャパンさんといえば、社名にもなっているFacebookのほか、大勢の大学生が利用しているInstagramを傘下に持つFacebookの日本法人であることを、皆さん知ってますか?Instagramといえば、2017年の流行語大賞で「インスタ映え」が選ばれたほど、今大注目のサービス。世界中を巻き込むSNSを生み出している企業のオフィスはどんなオフィスなのでしょうか。早速見ていきましょう!

外資系らしさと意外さが混ざった個性豊かなオフィス

フェイスブック ジャパンさんのオフィスは六本木にあるビルのワンフロア。エレベーターを降りると、いきなり目の前にFacebookのロゴマークが!

フェイスブック ジャパン壁ポスター

ロゴマークに目を取られていると、次は壁一面にポスターが張られたエリアが。これは、創業者のマーク・ザッカーバーグや社員が考えた言葉をポスターにして全世界へ配られ貼られているそうです。全世界に考えや理念を共有する仕組みがあるなんて素敵ですね。

フェイスブック ジャパン受付

そしてこちらが受付。伺ったのがクリスマスシーズンだったということもあって、たくさんの飾りがあってかわいいですね。こちらの飾りは、1年のイベントごとに変更され、季節を感じることができるようになっているそうです。

フェイスブック ジャパン会議室

オフィスのフロアに入ると、たくさんの会議室がありますが、目についたのが会議室の名前。「Don't mind(ドンマイ)」「Jet Coaster(ジェットコースター)」「UFO catcher(UFOキャッチャー)」「Game Center(ゲームセンター)」といったように和製英語がつけられていました。とってもユニークですよね。

フェイスブック ジャパン 風神雷神

オフィスを歩いていると、風神と雷神が描かれた壁が!世界中のFacebookのオフィスはローカルの文化をデザインとして取り入れているそうです。外資系企業なのになんか不思議な感じがしますね。風神・雷神だけでなく、オフィスの壁は、エリアごとに異なる絵が描かれていました。どれもカラフルでダイナミックで、エネルギーを感じる絵の数々でした。

ここでずっと生活できそう?! 社員想いな工夫がたくさん

フェイスブック ジャパン 食べ物&飲みものスペース

オフィスに入ってひと際目を引いたのが飲食スペース。なんと、ここにある食べ物、飲み物は自由に食べることができるんです!スナック菓子からカップラーメン、お茶やジュース、お酒まで豊富な品揃えで、ちょっとしたコンビニのよう。ここでずっと生活できそうです。

フェイスブック ジャパン搾乳室&シャワールーム
そして次に案内してもらったのは搾乳室とシャワールーム。なかなかほかの会社ではお目にかかれない貴重なエリアです!いかにダイバーシティ推進に力を入れているかがうかがえますね。実は、このダイバーシティの取り組みは、Facebookが力を入れているポイントのひとつ。詳しく伺っているので、その内容は『インタビュー編』でお届けします!
フェイスブック ジャパン窓からの景色

オフィスには、マッサージチェアも。チェアに座って見える景色が、東京タワーを望めるこの絶景。この日はあいにく曇り空でしたが、リラックスして考えごとができたら、良いアイデアも浮かびそうですよね。夜に来たらもっときれいなんだろうな。

執務エリア内には、ところどころにソファなどくつろげるスペースがあり、これも社内のコミュニケーションが活性化するための工夫のひとつ。細かいところまでクリスマスの装飾がされていたのは、遊び心を感じました。

まさにインスタライク。とにかくおしゃれなオフィス!

フェイスブック ジャパン ブックシェルフ

オフィスには、雑誌や書籍が置いてあるスペースも。棚にはたくさんの本が並んでおり、まるで○○書店カフェみたいだなと思っていたら、都内の書店によってコーディネートされた空間とのこと!社員の皆さんはここで情報をキャッチしたり、お客さんに関連する情報をキャッチアップするために活用されているそうです。

フェイスブック ジャパン インスタ部屋

次に見せてもらったのは、なんともインスタライクなこの箱!世界中のオフィスにその地域に合わせたボックスが用意されているそうで、日本なだけに畳のお部屋。実寸よりも小さく作られた部屋なので、自分が大きく見えるしかけ付き。記念に撮影させてもらいました。

Facebook Wall

オフィスを進んでいくと、落書きがいっぱいされた壁が登場!よく見ると著名人や企業による書き込みが。これはFacebook Wallといい誰でも自由に書き込める壁です。壁一面にぎっしり書いてあるこの量は、なんと今年の5月からの約半年間で書かれたとのこと!たくさんの企業や人とつながりがある企業なのだなと思いました。リクナビCもせっかくなので書かせてもらいました!

フェイスブック ジャパンさんのオフィスはいかがだったでしょうか。たくさんの愉しい仕掛けと同時に、社員の方が働きやすい環境が整えられた素敵なオフィスでしたね。

オフィスツアーの後は、いよいよ社員の方へのインタビュー。
その様子はインタビュー編でお届けします!

コラム一覧に戻る

人気アルバイト TOP10

その他の条件から探す

リクナビCのアルバイトは、自分の「強み」にいち早く気付けます

「社会に出て働く」という意味では、「自己理解」「仕事理解」の機会としてアルバイトは将来役に立つ体験です。
リクナビCのアルバイトは、一緒に働く社会人から、将来働く上で活かせるあなたの強みについてアドバイスがもらえるのが特徴。
アルバイトを、もっと「将来に役立つ」体験になるようサポートします。

  • 人気の接客や販売
    のお仕事多数
  • 無理なく両立できる
  • あなたの強みがわかる