先輩に聞いてみた!
1~2年生でインターンシップに参加しようと思った理由

2018/03/27
インターンシップ
インターンシップを、「3年生から就職活動のために参加するもの」と考えてはいませんか。1~2年生からインターンシップに取り組んでいた先輩たちは、なぜ参加しようと思ったのでしょうか。そのきっかけや理由について聞きました。

1~2年生でインターンシップに参加した理由、教えてください!

先輩たちに話を聞くと、「成長」「働くこと、社会について知りたい」という2つの大きな軸が見えてきました。では、その具体的な声をいくつかご紹介します。

【理由①「成長したかった!」という先輩たちの声】

「他の人とは違う経験がしたかった。インターンシップならできると思った」

「インターンシップを経験した周りの先輩たちのビジネススキルの高さに驚き、自分もインターンシップに参加したいと思った」

「自分にとって負荷のかかる環境で、幅広い世代の方と関わりながら、成長できる経験がしたいと思った」

「アルバイトのような肉体労働でなく、頭脳労働でお金が稼ぎたかった」

【理由②「“働く”とは何かを知りたかった!」という先輩たちの声】

「就職活動をすることが当たり前の世の中で、そもそも働くこととは?と思ったことがきっかけ」

「社会のことが何もわからないまま就職活動を始められないという気持ちがあった。前もって働く姿がイメージできるようにインターンシップに参加したいと思った」

ほかにも、複数の会社でインターンシップを経験した先輩は、
「社会人になったら、頻繁に転職はできないけれど、学生のインターンシップならさまざまな企業での就業経験を複数回、同時にでも積むことができる。業界、職種に関わらず経験できるのはとても貴重な機会」
と話していました。

先輩の参加理由

まとめ

1~2年生の時期にインターンシップに参加するなんてまだ早い、思っていた皆さん、先輩の声は参考になりましたか?
インターンシップは、実務経験を通じて自分に何が向いているか、向いていないかがわかるというメリットもあります。就職活動が始まる前に「働く」イメージが具体的になっていると、業界・企業研究もより進めやすくなります。インターンの始め方はそれぞれですが、「気軽に」「まずやってみる」ことから始めてみませんか。

コラム一覧に戻る

人気アルバイト TOP10

その他の条件から探す

リクナビCのアルバイトは、自分の「強み」にいち早く気付けます

「社会に出て働く」という意味では、「自己理解」「仕事理解」の機会としてアルバイトは将来役に立つ体験です。
リクナビCのアルバイトは、一緒に働く社会人から、将来働く上で活かせるあなたの強みについてアドバイスがもらえるのが特徴。
アルバイトを、もっと「将来に役立つ」体験になるようサポートします。

  • 人気の接客や販売
    のお仕事多数
  • 無理なく両立できる
  • あなたの強みがわかる