先輩に聞いてみた!
長期有給インターンシップと学生生活の両立のコツ

2018/03/27
インターンシップ
長期有給インターンシップに対して、「学業やサークル活動との両立が大変」というイメージをもっていませんか? 両立できていた先輩たちに話を聞くと、「都合のいい日、時間に出社していいよ」という企業もあり、学生に優しい環境が多い様です。両立するためのスケジュール管理のコツを聞いてみました。

授業選び次第で、インターンには参加できる!

インターンシップの時間を確保するために、授業の取り方を工夫した先輩は多くいました。

「学業(授業)は午前中にまとめ、午後はインターンシップのために時間を作った」
「授業を1日にまとめて取り、なるべく全休を作った」

学業優先の意識を変えず、
「週2日で受け入れてくれるインターンシップ先を探した」
「週○時間以上は必ず出社、など条件が厳しいものは選ばないようにした」
という声も。

また、
「授業はとにかく集中、宿題は休み時間中に終えた」
「その時々の自分の優先順位を考え、それに応じて時間を配分した」
など、時間の使い方を工夫しながら両立させた先輩もいました。

長期休暇をフル活用!

大学生ならではの長期休暇を活用したという声も聞かれました。

「長期休暇中は、ほぼ毎日がっつりと。授業があるときは週1で働くなどメリハリをつけた」
「1~2年生の時は夏休みのみを使い、授業が少なくなった3年後期には週3日入った」
「テストが終わってからの春休み(2~3月)を週5でフルコミット。1月はテストに集中した」

両立

まとめ

「学校生活と両立ができるか不安」と思っていた皆さん、先輩たちのスケジュール管理のコツは参考になりましたか?
学業もサークルもインターンシップも、すべてをバランスよくやるのは難しくても、優先順位をつけて取り組めば、充実した時間を過ごせるはず。先輩のなかには「今月はゼミの研究に集中したい」「今週はサークル活動が忙しい」など、学校生活の状況を企業側に相談しながら、出社する日程を決めたケースもあるようです。
柔軟に対応してくれる企業も多くありますので、自分に合ったインターンシップを探してみてはいかがでしょうか?

コラム一覧に戻る

人気アルバイト TOP10

その他の条件から探す

リクナビCのアルバイトは、自分の「強み」にいち早く気付けます

「社会に出て働く」という意味では、「自己理解」「仕事理解」の機会としてアルバイトは将来役に立つ体験です。
リクナビCのアルバイトは、一緒に働く社会人から、将来働く上で活かせるあなたの強みについてアドバイスがもらえるのが特徴。
アルバイトを、もっと「将来に役立つ」体験になるようサポートします。

  • 人気の接客や販売
    のお仕事多数
  • 無理なく両立できる
  • あなたの強みがわかる