アルバイトと何が違うの!?
比較でわかる長期有給インターンシップの特徴

2018/03/27
インターンシップ
企業で働く長期有給インターンシップ。興味はあるけれど、アルバイトとの違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、実際に長期有給インターンシップを経験した先輩たちの声を元に、アルバイトとの違いを説明していきます。

違い① 長期有給インターンシップならではの成長がある

長期有給インターンシップ(以下、インターンシップ)の特徴のひとつに「裁量権の大きさ」があります。現役大学生を中心にとったアンケートでも、インターンシップとアルバイトの違いについて「仕事の責任や裁量の多さ」「求められるレベルが高く、成長できる」という回答が多くありました。

実際にインターンシップを経験した先輩からは、
「新規事業の責任者や営業リーダーなどを任された。派遣社員の方やインターン生をまとめる立場になった時、困難なこともあったが、成果を出して大きな自信につながった」
「アルバイトでは決まった仕事をこなす一方、インターンでは企画など自分で仕事を作ったりすることができる」
といった声が聞かれました。
裁量が広いからこそ、指示されたことをこなすだけでなく自分のタスクとは何か、どんなプロセスで仕事をするべきかを考えるという、社会人に近い働き方を学べるのです。

違い② 最高の企業研究の場になる

アルバイトでは経験できない職種や業種の仕事を身近に感じられるのも、長期有給インターンシップの特徴です。
リクナビCでは企画や商品開発、マーケティングなどの職種で長期有給インターンシップを募集しており、アルバイトで多いサービス業などとは違った経験を積むことが可能です。
では、具体的に先輩たちはどんな経験をし、そこから何を得たのでしょう。先輩たちの声をいくつかご紹介します。

「番組のディレクションを任され、企画の構成からキャスティングまで一気通貫で担当。番組が完成し放送された時は感動し、自分の作ったものが世に出るうれしさもあった」
「イベント企画をさせていただき、チームでの活動の難しさを感じたことがいい経験になった。会社では利益が関わるため、学生の活動とは大きな違いがあり、勉強になることが多かった」
ほかにも、
「仕事の取引先の担当者が部長クラス・社長クラスであることも多く、さまざまな業界の人と話ができた」
という声も。人脈が広がることで視野も広くなっていくともいえるでしょう。

アルバイトとの違い

まとめ

任される仕事の大きさ、職種経験の幅広さは、企業で働くインターンシップだからこそ得られるものだとわかります。インターンシップもアルバイトも「働いてお金をいただく」という点では同じですが、学生時代をより充実させるために、インターンシップという新たなチャレンジに踏み出してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧に戻る

人気アルバイト TOP10

その他の条件から探す

リクナビCのアルバイトは、自分の「強み」にいち早く気付けます

「社会に出て働く」という意味では、「自己理解」「仕事理解」の機会としてアルバイトは将来役に立つ体験です。
リクナビCのアルバイトは、一緒に働く社会人から、将来働く上で活かせるあなたの強みについてアドバイスがもらえるのが特徴。
アルバイトを、もっと「将来に役立つ」体験になるようサポートします。

  • 人気の接客や販売
    のお仕事多数
  • 無理なく両立できる
  • あなたの強みがわかる