インターンシップの流れ

  1. 探し方のポイント
    リクナビCの長期有給インターンシップでは、職種ごとに検索することができます。
    自分の気になる職種で企業を検索してみてください。
  2. 応募の流れ
    各求人の詳細ページにある「応募フォームへ進む」ボタンから応募することができます。
    応募後は数日程度で、企業から電話orメールにて連絡があります。
  3. 面接でのポイント
    面接開始の10分前には到着するように向かい、遅刻しそうな場合はすぐに連絡しましょう。
    また、参加時の服装は、特に私服を指定されない限りはスーツが無難です。
  4. 初出社
    インターンシップへの参加が決まったら、企業と再度連絡を取り合って初出勤日を決めましょう。
    当日の持ち物や服装、事前に準備が必要なものなどについて確認しましょう。
  5. インターンシップで特に気をつけること
    インターンシップは、できるだけ学生が得るものが大きいように企業もプランを組んでいます。
    貴重な体験にできるように、積極的に、意欲を持って取り組むようにしましょう。
  6. 社会人のフィードバックがもらえる
    インターンシップ終了後、振返レポートを企業に提出すると、フィードバックをもらえます。
    社会人からの貴重なアドバイスを受けられる良い機会ですので、積極的に活用することをオススメします。

フルスタックエンジニア育成コースの立ち上げに携わりたい人を募集!

株式会社Dive into Code
  • ソフトウェア、教育関連
  • 企画・商品開発

私たちの事業・商品について

ハイレベル・プログラミングスクール事業:DIVE INTO CODE

私たちは、渋谷およびオンラインでプログラミングスクール運営をしています。スクールで提供する教育分野は2つに大別されます。

1. 即戦力コース「Ruby/Ruby on Rails」 https://diveintocode.jp/
2. エキスパートAIコース「Python、数学など」 https://diveintocode.jp/ai_course

プログラミングスクールとしての特徴は、
即戦力で求められるスキルを濃縮したテキストを自社開発。学習期間は半年間以上のハイレベル志向です。
ディスカッション授業や勉強会、定期懇親会で交流を深めます。卒業生は半永続的に所属可能です。
「DEMODAY」を定期開催。起業家やエンジニア、VCの方々が審査員としてご来場いただいています。
いずれのコースでも、卒業すると第一線で活躍できることを目指しています。


その他 実績

3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
累計3,000人以上が参加しているRailsの登竜門セミナーです。

▼講座動画はこちらからご覧ください▼
https://www.facebook.com/diveintocode.jp/videos/861168880688236/

▼講座資料はこちらからご覧ください▼
https://www.slideshare.net/norotime/rubyonrails-42709667

RubyWorld Conference 2016 登壇

「ゼロから稼げるエンジニアになる3つのステップ」
▼講演内容はこちらからご覧ください▼
https://youtu.be/bZ4Y1lNbI1o
http://2016.rubyworld-conf.org/files/program/B-3.pdf
学習プラットフォーム事業:オンラインプログラミング学習サービス「DIVER」

すべての人が広く学習ができるプラットフォーム事業です。
初級者でも独学可能なテキストの一部をWeb上に無料公開しています。

DIVER
https://diveintocode.jp/diver

今後、リアルタイムコミュニケーションや多言語対応を進め、国境や言語、地理的格差の突破を目指しています。


就業支援事業:卒業生による開発サービス「SECONDTEAM」

受講生や卒業生が、開発案件を受託し、報酬をもらいながら実務での開発経験を積む機会を得るための事業です。

SECONDTEAM
https://diveintocode.jp/secondteam

現在、パートナー企業と提携して行なっている人材紹介サービスを今後、自社でも直接行うことを目指しています。

私たちのビジョンについて

私たちが2年後に実現していたいビジョンは、「テクノロジー教育のエコシステムを構築する」ことです。
エコシステムとは、私たちが提供した教育サービスでゼロから学び成長した人が、社会で活躍し、新しく人材を雇用したり、最新のアルゴリズムを開発する。そしてエキスパートになった人が、仕事をDIVE INTO CODEに発注し、私たちと共に新たな人材を育成する。テクノロジー人材と知識が集まる永久機関となっている状態のことです。

私たちは、今後以下の取り組みに挑戦していきます。
・日本最高レベルのテクノロジー教育サービス化とコミュニティ形成
・テクノロジー教育事業の海外展開
・学習プラットフォームの構築
・エンジニア人材紹介の開始
・学校法人化
など、新たな事業やサービスの創出を積極的に推し進めます。

そのためのミッションとして、「すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる」ことを掲げています。
未来を信じて今を生きる世界人類を対象に、これから未来でより一層必要とされるテクノロジー領域の知識や経験を得て、実務に就業することで研ぎ澄ます機会を提供。「教養として知識を得て終わり」ではなく、誰かの役に立ち、感謝をされて対価を受け取ることができるようになるまでを支援することが使命です。

私たちが目指しているミッション、ビジョンに共感いただける方を熱烈に募集しています。

平均年齢

27

男女比

  • 80%
  • 20%
  • 募集情報
  • 仕事の内容
  • 教育・研修
  • 魅力・適性
  • 掲載日:2017/10/31(火)
給与 1,000円~1,500円
※ 経験・能力等を考慮し、話し合いの上で決定いたします。
※交通費は月額3万円まで支給します。
勤務地 東京都渋谷区円山町28-4大場ビルA館2階
JR渋谷駅から徒歩12分 経路( https://goo.gl/maps/oZRjCRwX96n )
京王井の頭線神泉駅から徒歩5分 経路( https://goo.gl/maps/t2k9pUd9UDp )
雇用期間 最短で3か月、その後3か月ごとの更新となります。
応募資格 大学 、 大学院 、 短大 、 専門 、 高専
・学歴不問

【必須】
・教育への興味関心
・無料のオンライン学習サービスでRubyやPythonを学習した経験

【任意(あれば尚可)】
・サービス業での接客経験
・教育事業での就業経験
応募方法 ご興味がおありの方、採用に関してのお問い合わせは、電話・またはメールでご連絡ください。お待ちしております。
応募を決められたら、システムの「応募する」ボタンより応募をお願いします。
雇用形態 アルバイト
勤務時間 10:00-22:00までの営業時間帯内でのシフト勤務となります。
・木曜日は定休です。
・1日の実働時間は4~8時間です。
・目安として、週3日20時間以上勤務できる方を募集しております。
・シフトは、毎月末に翌月分を決定します。
応募時連絡先 採用に関するお問い合わせ

info@diveintocode.jp
※ご連絡に1~2営業日いただく場合がございます。
03-5459-1808
※受付時間/10:00~22:00(木曜を除く)

「ゼロから」挑戦する人を応援し、プログラミング人材を育てて即戦力化する。そんなサービスを展開するDIVE INTO CODEの「即戦力コース」を進化させるメンバーを募集します。

《即戦力コースについて》
即戦力コースでは、Webアプリケーション エンジニアとして正社員で就業できるようになることを目指しています。

▼詳しいカリキュラム
https://diveintocode.jp/

現在は、私たちはテキストは時代や現場に合わせて進化し続けるべきものと考えています。
今まで、実際の現場でJavaやPHPでアプリケーション開発をしてきたエンジニアやスクールへ通学し、卒業したメンバーは勿論、独学で無料のプログラミング学習サービスを一通り学んできた経験を元に、知識を社会に還元していきたい方を募集しています!

学歴や職歴、年齢など関係なく誰でも挑戦ができる環境を日本につくりましょう!
----------------
《業務内容》
教育メンター
・テキスト開発
・テキスト修正
・質問サポート
・コミュニティ内イベント運営

■テキスト開発
基礎的な知識(Ruby/Rails、HTML/CSS、JavaScript等)から、アルゴリズム・データ構造、そして 現場で使われているテストコードの実装(RSpec)、最新の技術(Rails5 や React、AWS)やチーム開発手法(GitHub Flow)などのテキストを開発します。
難しい概念を理解しやすいように伝える力が必要です。

■テキスト修正
生徒からのフィードバックや自身の気づきを元に、より分かりやすいテキストへ改善し続けていただきます。

■質問サポート
掲示板やチャット形式で投稿される質問、リアルタイム(現地スクール、オンラインなど)のやりとりに対応します。

■コミュニティ内イベント運営
勉強会やハッカソン、DEMODAYなどを主催して開催することもあります。 DIVE INTO CODE のコミュニティ内で主に社会人の同志たちと交流し、共に学びあっていただきます。

  • work style point!
  • フォロー社員がつきます
  • インターン学生が在籍しています(実績あり)
  • 服装・髪型自由

個人や法人向けに提供している DIVE INTO CODE のコースを社内研修制度で無料かつ無制限に受講することができます。
教育メンターやWebエンジニアなど、実務で必要となるスキルやマインドが定着するまで受講をしていただきます。

即戦力コース(Ruby/Ruby on Rails)
即戦力コースは、月収40万円以上の技術力を身に付け、Railsエンジニアとして転職、またはフリーランスに転向することをゴールとしたコースです。

DIVE INTO CODE即戦力コース
https://diveintocode.jp/

上記のリンク先に記載されている全ての授業やオンラインテキスト、自習環境を利用し放題です。


エキスパートAIコース(Python、数学など)

エキスパートAIコースは、最先端のAIを基礎から学ぶことで、日本から世界に通用するAI人材を育成。AI界のエコシステムを構築します。
そのため、教養だけのAI学習にとどまらず、 最新の論文における技術を自分のプロダクトやコードに落とし込めるようなハイレベルAI人材の育成を行います。

DIVE INTO CODEエキスパートAIコース
https://diveintocode.jp/ai_course
上記のリンク先に記載されている全ての授業やオンラインテキスト、自習環境を利用し放題です。

プログラミング未経験でも自分でポートフォリオとなるWebアプリケーションを開発できるスキルや自律してGoogle検索をしながら問題解決ができるマインドが身につきます。新しいスキルを身につけようと前向きに努力をし続ける方に囲まれながら、切磋琢磨できる環境があります。


《募集に関して、望ましい方》
・ミッションに共感できる
・人に教える / 説明する / 文章や資料作成が好き(業務では、Github、Git、Markdownを使用します)
・自分が知らない知識を調査することが好き
・オブジェクト指向言語についての知識がある(クラス、インスタンス、メソッドなど)
・コンピュータサイエンス(アルゴリズムとデータ構造、プログラミング言語による実装)についての教養知識がある

会社情報

社名 株式会社Dive into Code
業種 ソフトウェア、教育関連
会社住所 東京都渋谷区円山町28-4大場ビルA館2階
従業員数(法人・事業所) 20人
各種保険 労働災害補償保険(※)、雇用保険、健康保険/厚生年金保険
※公務員の場合は労働災害補償保険ではなく、公務員災害補償制度が適用されます。

インターンシップ求人募集です。大学1・2年生向けのおすすめ長期・有給インターンシップが満載!【リクナビC】なら将来のキャリアに繋がるインターンシップがきっと見つかります。

応募をするには会員登録が必要です。